FC2ブログ

記事一覧

最近のモノクロ→カラー。凄すぎる。

さて。
調べたら報告せずにはいられない。
面白そうなことは隠しておけない。
得をしているか、損をしているか分からない性分ですが、ニョッチさんの書き込みを元に、
モノクロ→カラー
にできるサイトを調べてみました。


モノクロをカラーにできる!
↑× リンクがうまく貼れないみたいなので、
「早稲田 モノクロ カラー」
で検索すると見つかります。

何だか説明が書いてありましたが、当然理解できるはずもなく、ひとまず画像を試します。


15835846120.jpeg

これが

15835846240.jpeg

こう。


15835846350.jpeg

これが

15835846450.jpeg

こんな感じ。


15835846630.jpeg

これが

15835846740.jpeg

こんな雰囲気。

楽しいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。
これは楽しいですねぇ。
モデルの子も可愛い(笑)
海や背景はなんとなく判るとしても、艦船本体の色彩どうやって認識するんでしょうね?

こんばんは!

おぉ早速挑戦したのですね!
光の当たり具合や写真の劣化具合で実際とは異なるかもしれないですが
新しい発見とかあって楽しいですよね♪

三軒茶屋さん

コメントありがとうございます。
いやほんと、仕組みとか載っていましたが、全く理解できなかったです。文系だった僕に比べ
「理系の人たちは世の中の役に立っているなあ」
と毎度感じますね(笑)。

ニョッチさん

コメントありがとうございます。
実は懸案だった、
「『ウォースパイト』とかの2番砲塔のシマシマは、艦首から『青・白・赤』が正解か、『赤・白・青』が正解か?」
が、
「不明瞭乍ら、どうやら『青・白・赤』が正解」
みたいに分かっちゃうのが楽しいです。エンガノ沖の『瑞鳳』の迷彩とかも見てみました。

こんばんは。

世間の技術はじわじわと進んでいきます。

個々の色合いの特定までは難しいですが、それは現代の写真でも同じことで。
配色や全体の雰囲気など、色が着いたものと見比べることで大いに参考になりますね。

まるねるどさん

コメントありがとうございます。
いやあ、こういう技術的な話については、もうすっかり追いつけなくなりました(笑)。ていうか、自宅のテレビの録画予約もできないですからね、ボク(笑)。
ただ、仕組みは分からなくても、十分楽しめて助かります。

No title

よくYou Tubeとかでも明治の頃の写真をカラーにしているのを見たことがあります。今ならカラーですが昔なら総天然色と言ってましたね。でもこれも楽しめますね(^^)

田中さん

コメントありがとうございます。
まさに「総天然色」ですね。多少不鮮明な日本の写真でも十分カラーになって面白いです。

コメントの投稿

非公開コメント