FC2ブログ

記事一覧

昨日のひとり修学旅行(プチ)。『ニッポンおみやげ博物誌』

さて。



(たまにはこういう方向に全振りで)
昨日は奇跡的にお休みが取れたので、歴史民俗博物館の企画展
『ニッポンおみやげ博物誌』
に行ってきました。



いつものように特別展・企画展は撮影が出来ないので、入口の写真です。
ざっくり感想としては、『おみやげ』というものにクローズアップして、体系化・分類し、旅行について考えるのは初めてじゃあないですかね。面白かったです。以前、お手伝いで江戸時代の巡礼についてまとめたのが活きました。『おみやげ』はいわば「旅の思い出お裾分け」であり、三軒茶屋さんが静岡に行かれて、自分にガレージキットを送ってくれたりするのも当てはまります(笑)。なので、他者、もしくは自分が旅をしないことには始まりません。ここの界隈の方々に共感を産みやすいものとして、最近は『コンテンツツーリズム(いわゆる”聖地巡礼”)』というものがあり、大洗とかは『コンテンツツーリズム』として成功している例として、展示がされていました。模型的には、やっぱり静岡ですね。静岡の模型ショーに行かれた方々は『コンテンツツーリズム』をしてきたわけですね。個人的には「モノを集める」のが好きな男の子として、キーホルダーやペナント、提灯に共感できました。現在行方不明ですが、キーホルダーはたくさんあったなあ…。

そんなわけで、一般展示です。



武家造。
脇で笠懸をやってますね。武家造という語を最近使わないみたいなのでwikiさんに聞いてみたら、建築史的には寝殿造の派生形態になるようで、最近は使わないようです。



画像だと分からないかもと思い、別に撮りました。



今の今まで気づいていなかったのですが、江戸時代の「四つの口」の展示です。最新の研究になっていていいです。
現在、歴博は古代のコーナーを閉めているのですが、歴博では縄文・弥生時代の野心的な研究を行っており(歴博的には弥生時代のスタートを遡らせたいみたい)、それを踏まえた展示になるのではないかと思います。



民俗学のコーナーより。最近の子どもの机回り。ゴーバスターズのエースだ!
大翔くん(7歳)は説明を読む限り、いい子ですね(笑)。ただ、最近の子は虫が好きでも虫に触れなかったり、自転車での行動を制限されている例が多いのです。



いつも撮影している横浜港。
今回も他の見学者から不審者がられました(笑)。やっぱりタグボートいいなあ…。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。何度かあったことがあります。ちなみに父の実家はそこから直線距離で500mほどにあります。(笑)

No title

おはようございます。
不思議です。これまで大して興味のなかった「タグボート」に目がいきます(笑)
博物館とかはどのくらいの頻度でホコリ掃除してるんですかね。

No title

ヨコハマAA815さん。
コメントありがとうございます。
ご実家がすぐなんですか!僕は小学生の頃から通い続けているので、もしかしたら毎度前を通っていたりするかもしれませんね(笑)。

No title

三軒茶屋さん。
コメントありがとうございます。
そうなんですよ(笑)。三軒茶屋さんのやつを見た後だったので、僕もタグボートに目が行きました(笑)。
博物館内は空調が良いので、通常よりはホコリはないかと思うのですが、それを加味して考えてもやっぱりキレイですね。武家造も横浜港もケースに入っていないのに、ホコリは全く感じられません。

No title

歴博も大分長い間行ってませんが、面白そうなことやってますね。来月あたり時間がとれれば行ってみようかな。

京葉線に乗る時に港に見えるタグボートが最近ちょっと気になります(笑)。

No title

子どもたちの夏休みにはこういった企画展が色々開催されていて大人も同心に帰るときがあって樂しいです。虫の話ありましたが今の子供は雑木林なんかも入れなさそうだしちょっとした秘密基地遊びなんかもやらなさそうですね。

No title

まるねるどさん。
コメントありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。
何か特定の事がなければ、歴博の夏の企画展は挑戦的なものが多いようです。なので楽しめます。
タグボートは気になりますねえ(笑)。

No title

田中さん。
コメントありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。
息子さんとは、虫捕りに行ったり、探検に行ったりしたかったのですが、ついてきてくれないままに中学生になってしまいました…。今のこどもには無理なんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント