FC2ブログ

記事一覧

今日の田んぼ。

さてさて。
上げるネタがないときは田んぼです。
それにも飽いたら本来の趣旨のはずの本のネタを上げます(笑)。そういえば最近、本のネタは上げてませんね…。大河ドラマも(笑)。『直虎』は大河ドラマとして視聴しなければ、相変わらずそこそこ面白いです。ここ数回は微妙なところもありますが…。妹から少女マンガを借りて普通に読んでいたから楽しめるのかもしれません。次回は織田信長が出ます。

いい天気です。空梅雨気味とはいっても、そこそこムシムシします。草いきれとまでは行きませんが、夏の気配を感じていい感じです。
「何となく『ウォースパイト』」は搭載艇でひとまず終了です。塗装の拙さと、塗装して分かる制作の拙さなどなどで、後半一気にテンションが下がってしまいましたが、まあ、これが今の自分の実力と言うことで(笑)、更なる精進に励むことにします。



例によって変わり映えしませんが、いつもの田んぼです。



変わり映えするためにいつもと違うアングルで(笑)。
ホントは空も入れると、もっといい構図になると思うのですが、実はヤマの上はゴルフ場で興醒めなので低いアングルになっています。シオカラトンボなど飛んでいたのですが、やっぱりスマートフォンじゃ追いつけない…。

田んぼを四角形で考えると、四角形ABCDの辺CD側の水路はいつも観察している水路で、メダカやらエビやらいるのですが、辺AB側はよその田んぼと同じで、水路についてはあまり手入れをしていないようです。やっぱりというか、どうやら意識的に特定の水路を、水棲生物が棲息できるように管理しているみたいです。水路観察ばかりで気づいていなかったのですが、いつもの田んぼでも、今年は遂に耕作を放棄してしまっているところが何枚かあり、事情はあると思いますが、ちょっと悲しいです…。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

里山の向こうにゴルフ場、は千葉のあるあるですね(苦笑)。

里山の動植物は適度に管理された環境に適応したものが多くて
日本の農村の現状を考えるとなかなかたいへんなんですが
そういう絶妙なバランスの場所はなるべく残っていってほしいとこです。

No title

こんばんは。
そういやどうですか。最近の直虎は(笑)
私の方は遂に「リバース」が終わってしまい、また観るものがなくなってしまいました(笑)

No title

田んぼと言えば私はザリガニを連想します^^;最近の子供はザリガニなんか取りには行かないんでしょうね。よく田んぼに開いている穴を見つけて手を突っ込んで挟まれた記憶があります。

No title

まるねるどさん。
コメントありがとうございます。
googleマップとかで見ると、なんだかの幼虫が葉っぱの表面を齧ったみたいに、「これでもか!」というくらいゴルフ場がありますからねえ(笑)。
佐藤洋一郎さんの本にもあったりしますが、里山は手入れされた自然であり、人の手が入らなくなった時点で、私たちが見慣れてきた生態系は一変してしまいます。自然からしたら、大局的には遷移のひとつであり、結局のところどうでもいいことなのかもしれませんが、私たちからみたら、やっぱり見慣れた景観が消えていくのは悲しいです。

No title

三軒茶屋さん。
コメントありがとうございます。
直虎はですねえ…。
「うっかり女社長のドタバタ日記」みたいな感じですかね(笑)。『花燃ゆ』より面白いことは保証します。今のところ狭い井伊谷の中(たまに駿府)でしか物事が動いていないので、戦国時代感がないですね。セット以外は大河ドラマだと思わずに視聴するのがストレスが溜まらなくて良いと思います。以降は信長が出てきたり、武田が遠江を蹂躙したりするので、「ちゃんと描いてくれれば」戦国時代感が出てくるんじゃあないかと思ったりもしています。まあ、昨今の予算と撮影方法の変更などから勇壮なシーンは期待していませんが(笑)。
仕事場の女性の方は、高橋一生の「ツンデレ感」がたまらない、と言っていました。

No title

田中さん。
コメントありがとうございます。
オジサン世代にとってアメリカザリガニは、カブトムシと並んで子供の頃の夏休みの遊び相手の王様ですよね。自分も信玄いかを使ってよくザリガニ釣りをしました。
いつも観察している水路ですが、4~5年くらい前までは普通にザリガニがいたのですが、ある時期から全く見かけなくなり、その後、メダカやエビが増えてきました。そんなところからも、ここの田んぼの所有者が、ビオトープとして意識的に水路を管理しているんじゃあないかと推測しています。

コメントの投稿

非公開コメント