FC2ブログ

記事一覧

今夜の日除けキャンバス。『長門』



季節はすっかり秋になってしまいましたが、日差し避けのキャンバスができました。



当初は接着する予定でしたが、何となくもったいなかったので、取り外し式にしました。他の船にも使えるかと思いましたが、扶桑型はカタパルトがあるし、金剛型は細いしで使えない…。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは~
おぉ あっという間に形になったのですねっ!
キャンパス接着はほんともったいなく感じます(笑
素材?生地?もステキです><b

No title

おはようございます。
この素材は良い感じですね。モノはなんです?
私もやってみます(笑)

No title

ヤクモさん。
コメントありがとうございます。
素地は仕事場にあったメモ帳の薄い紙です。初めはそのまま真鍮線を付けようとしたのですが、付くわけもなく(笑)、瞬間接着剤を塗布しました。

No title

三軒茶屋さん。
コメントありがとうございます。
上にも書きましたが、モノは薄い紙に瞬間接着剤を塗ったものです。小学生の頃のいたずらが今ここで役立つとは(笑)。

No title

日よけキャンバス参考になりました。いつか作りたいと思っていたのですが二の足を踏んでました。停泊中の大和と武蔵の有名な画像を作って見たかったのですが日よけキャンバスないと再現できないんですよね。そのうちに挑戦したいと思います。

No title

天幕がかかるとまた雰囲気が変わっていい感じです。♪

停泊時には舷梯がつくとまたさらに雰囲気が出ますが、そちらは付けると取り外し式には出来ないですね。

No title

田中さん。
コメントありがとうございます。
こんないい加減なヤツでも参考にしていただけるなんて幸いです(笑)。
恐らくトラック島に停泊している写真のやつですよね。カッコいいやつを楽しみにしています!

No title

まるねるどさん。
コメントありがとうございます。
ただ作るだけじゃあ面白くないので、お遊び気分でやってみたのですが、結構楽しめました。きちんと乗っけるのにちょっとだけ苦労しますが(笑)。
「小さな港だか停泊地だかのジオラマにしようかなあ」とか、実は(ほんの少しだけ)考えたりもしたのですが、今回はひとまず終了としました。舷梯とか(作れるかどうかは別として)つけると、様になりますよね。
制作した後、柱島で停泊している『長門』の写真を見て思ったのですが、実は停泊中、副砲は警備のために横向き(戦闘状態)?にしておくのが正解なのですか?

No title

またこんばんは。

ケースメイト式の副砲は前後方向が系止位置のようで、戦前平時の写真では前後を向いたものが多いですが訓練や動作確認などで横向きだったり放射状だったりバラバラの向きだったりも結構あります。

長門はレイテ戦直前のブルネイでの写真でも副砲は舷側方向を向いていてこれはやはり戦時の警戒態勢かと思います。
日本戦艦の戦時中の鮮明な写真は少ないので、同時期の他の例はわかりませんが開戦直前の訓練で副砲が前後方向を向いてるのはありました。

米英の旧式戦艦では戦時中でも副砲を前後方向に向けて停泊してる写真がありましたので、日本艦でも状況によって戦時でも平時でも前後を向いてたり横を向いてたりしてたのではないかと。

つまり模型では、設定状況に合ってればケースメイト式副砲は可動制限以内でどういう向きでも決して間違いではないと最近は思っています。(あくまで個人的意見です(笑)。)

No title

まるねるどさん。
またまたありがとうございます。
さすがは師匠、ありがとうございます!
柱島とブルネイに停泊している画像からそう思ったのですが、色々と見ると必ずしもそうではないですね。

コメントの投稿

非公開コメント