FC2ブログ

記事一覧

昨日の歴史民俗博物館。



ひとりではなく、今回は子供さんとです。

原始・古代のコーナーがゴールデンウィーク明けから、リニューアルでしばらく閉鎖するとのことです。民俗の第4展示室のリニューアルのときを考えると、1年以上は閉鎖かなあ…。歴史民俗博物館は縄文と弥生の境目の研究で、かなり意欲的な提示をしているので(押し上げようとしている)、そこら辺が盛り込まれそうです。



やっぱり港を撮る人(笑)。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

あの辺の古い時代をまとまった規模で展示してるところもなかなかないので、しばらく観れないのは残念ですが
今度はどうリニューアルされるか楽しみです。

No title

まるねるどさん。
コメントありがとうございます。
千葉にあるものだから、あまり感じなかったけど、よく考えたら、こんな立派な博物館が身近にあるのはありがたいですね。第4展示室も跡形もなく(笑)ガラッと変わったので、こちらも大幅に変わりそうですね。

No title

おはようございます。
おぉ!この港は…何分の一ですか?(笑)
水面の表現とかに目が行ってしまいますね(笑)

No title

歴史民族博物館!うちの大学の得意分野かもしれません。理系から文系になって歴史、民俗学が身近になりました。

No title

こんばんは♪

船のところに…分かります。

私も絶対にここに喰いつきます(笑)

この水は本物ではないですよね?

リアル過ぎて気になります( ̄○ ̄;)

No title

三軒茶屋さん。
コメントありがとうございます。
マニア向けにか(笑)、歴博のジオラマには縮尺が書いてある場合が多いです。で、現場で確認し忘れたので調べてみましたが、1/60だそうです。結構大きいですね。色々調べてみましたが、波多野純建築設計室というところが、博物館の展示をよく制作しているみたいですね。

No title

nyamalfettaさん。
コメントありがとうございます。
行かれている大学だと、折口信夫がよく出てきますね。柳田国男と並んで民俗学を学ぶ上で欠かせない人物です。
僕、本当は大学で民俗学やりたかったんですよ…。

No title

蓮樹さん。
コメントありがとうございます。
水は多分シリコンです。違っていたらごめんなさい。よくこんな風に制作できるなあ、と感心します(質感もそうですが、色とか)。
近代のコーナーに明治頃の横浜港のジオラマがあるので、そっちはもっとテンションが上がります。これはホントにやばい(笑)。客船とか貨物船とか垂涎モノです。ちなみに縮尺は1/200でした。三軒茶屋さんのために調べました(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント